矢筒カバー


a0146761_2033913.jpg




弓道の矢を入れる矢筒です。

三男が道場からお借りしている矢筒に、
キレイにカバーを付けてもらいました。

生地はkeikoが選びました。

(こういう生地は、和み彩香セラピストさんたちにもとても人気です。
   桜が散っている感じのとっても落ち着いた風合いです)

これを我が三男が持ち運びます。

若干7歳。

しかし、この矢筒カバーを見て、
「めっちゃ好き!!!」
とすごく喜んでいました。

彼は2歳ごろから兄たちと一緒に道場に通っています。

それが今では弓を引かせてもらうようになりました。

「射とは人生なり」と申します。

当たる時もあれば、当たらぬ時もある。

どちらにせよ平常心で。

そのようなことを身体で体感していってくれれば…

そう願ってやみません。


KEIKOちゃんはこのようなカバーも、スイスイと作ってくれました。

感動モノです。

アリガトウ。

a0146761_20122879.jpg




今日は親ばかな記事になりましたね


お問い合わせはこちらまで

drg@syd.odn.ne.jp

kei




[PR]

by KEIKO-and-k | 2013-11-19 20:15 | その他

<< 矢筒カバー&子供部屋の色☆色☆色 オリジナルって素晴らしい☆ >>